ダイエットで食事制限

コンテンツ

スポンサーリンク

ダイエットで食事制限

ダイエットで食事制限

 

ダイエットをしようとするとまず思いつくのは食事制限ですよね。

 

摂取カロリーを抑えれば、体重が減るのは当たり前ですからね。

 

 

 

運動は効果があるけれど、なかなか続かないですよね。

 

こちらでは、正しいダイエットでの食事制限について紹介していきたいと思います。

 

ダイエットを実施する期間

ダイエットで食事制限

 

まず、ダイエットはいつまでに痩せたいという期間が長いほうが上手くいきます。

 

なぜなら、短期間で痩せようとすると、厳しい食事制限をする必要があるからです。

 

 

 

1週間で1キロ痩せるには、1日約1000kcalを制限する必要があります。

 

ちなみに、1キロ痩せるためには7000kcalを減らす必要があると言われています。

 

7000 ÷ 7 = 1000 ですね。

 

摂取カロリー

ダイエットで食事制限

 

日本人の1日の平均摂取カロリーが約1800〜2200kcal程度だと言われています。

 

男女によっても違いますし、年齢や体をよく動かすかによっても違いがあります。

 

短期でダイエットをすることの危険性

ダイエットで食事制限

 

ですから、1000kcalを1日で減らすのはとても大変です。

 

いつも食べている量の半分程度減らすことになるわけですからね。

 

 

 

そんな生活を1週間も続けていれば、大変つらいことでしょう。

 

そして、ダイエットをやめた直後から、反動で食べてしまうでしょう。

 

これがリバウンドの原因ですね。

 

 

 

1週間つらい思いをしたのに元に戻ってしまえば悲しいものです。

 

なので、無理のない程度で続けていくことが大切なのです。

 

スポンサーリンク

 

リバウンドをしたくないなら

ダイエットで食事制限

 

いつも食べている食事を10分の1減らすだけで、約180〜220kcal減らすことができます。

 

これは早歩きで行うウォーキング、1時間相当のカロリー消費です。

 

 

 

しかも、これを35日続ければ、約7000kcal削減できることになり、それで1キロ体重が減っていることでしょう。

 

これなら無理なく続けられる上に、リバウンドの心配も少ないです。

 

ストレスなく、続けられますから、健康にも安心です。

 

 

 

おにぎり一個のカロリーが約180kcalですから、それくらいを毎日削減すれば大丈夫です。

 

そう考えると、簡単に続けられると思います。

 

もっと簡単に摂取カロリーを落とすには

ダイエットで食事制限

 

ダイエットスムージーを飲めば、簡単に栄養を取りながら摂取カロリーを減らすことができます。

 

なぜかというと、1食を、ダイエットスムージーに置き換えてしまえば、その分の摂取カロリーが減ります

 

 

 

最近のダイエットスムージーはお腹の中で膨らむ成分を使用しているものをあり、満腹感を得られやすいです。

 

以前、挫折した経験がある方でも、試す価値はあります。

 

 

 

短期間の体重の増減で一喜一憂しない

あと、1日の体重の増減はあまり気にする必要はありません。

 

体重は、朝起きてすぐや寝る前などでは違うことが当たり前です。

 

 

なので、体重は毎日、決まったときに測るようにしましょう。

 

まとめ

短期間で痩せようとするとリバウンドする可能性が高い

 

リバウンドしてしまったら、せっかくの努力が水の泡ですからね。気をつけましょう。

 

長期間で痩せようとすれば、無理なく着実に痩せることができる。

 

毎日着実に痩せていけば、体重計に乗るのが楽しくなりますね。


スポンサーリンク

更新履歴