低GI食品、飲料比較

スポンサーリンク

家に常備している人も多いはず!牛乳・ヨーグルトの効果

家に常備している人も多いはず!牛乳の効果

 

皆さん、牛乳は飲んでいますか。

 

牛乳が苦手という人や、毎日欠かさず飲んでいるという人もいらっしゃると思います。

 

牛乳は苦手だという方の中にもヨーグルトは食べているよという方は結構いらっしゃると思います。

 

 

実は牛乳とヨーグルトは低GI食品なのです。

 

最初に、GI値が高いとどうなるのかということを説明します。

 

GIとは

 

GIの値が高ければ、血糖値が急上昇しやすい食品で、低ければ、血糖値が緩やかに上昇する食品だと言えます。

 

ここで問題なのが、血糖値が急上昇するほど、脂肪を蓄えやすくなることなんです。

 

なので、低GIのものを摂るほうがダイエットに向いているということになります。

 

GIについての詳しい説明は知りたい方はこちらから。
カロリーよりも大切?GIっていったい何?

 

牛乳やヨーグルトを食べると

家に常備している人も多いはず!牛乳の効果

 

牛乳やヨーグルトを食前に飲むことによって、血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

 

つまり、脂肪を蓄えにくくしてくれるということなんですね。

 

 

これはダイエットをしている人には嬉しいですね。

 

 

また、牛乳やヨーグルトは食事と一緒に摂取したり、食後に摂取しても、血糖値の上昇を抑える効果があるそうです。

 

牛乳の効能

家に常備している人も多いはず!牛乳の効果

 

牛乳には、この他にも健康に効果があります。

 

カルシウムや他の栄養素が豊富に含まれていることは誰もがご存知だと思います。

 

なので、牛乳の効能について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

トリプトファン

家に常備している人も多いはず!牛乳の効果

 

牛乳にはトリプトファンと呼ばれるアミノ酸の一種が含まれています。

 

このトリプトファンは、セロトニンという重要なものを作り出してくれます。

 

 

セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれています。

 

セロトニンは、人間の感情を左右する神経伝達物質で、不安やイライラを抑え、感情の暴走にブレーキをかけてくれます。

 

つまり、安定したバランスの良い精神状態を保ってくれているのです。

 

セロトニンが充分にあれば、精神的によい状態になれます。

 

 

そして、セロトニンは夜にメラトニンに変化するのです。

 

メラトニンとは、寝つきをよくしたり、深い眠りをするのによい効果があります。

 

セロトニンの量がちゃんとあれば、メラトニンの量にも困りません。

 

 

セロトニンとメラトニンともに重要な役割があります。

 

精神的な安定と睡眠を取りやすくしてくれるのは、とてもありがたいですね。

 

 

牛乳にはこんな大事な働きもあるんですね。

 

イライラしたら、牛乳を飲みましょう。

 

セロトニンがあなたのイライラを抑えてくれるかもしれません。

 

寝る前にホットミルク

家に常備している人も多いはず!牛乳の効果

 

また、牛乳は温めても、ほとんど栄養素が変わらないです。

 

普通の牛乳が苦手な方でも、ホットミルクなら飲みやすいでしょう。

 

 

 

よく寝る前にホットミルクなどを飲むと良く眠れると言われていますもんね。

 

寝つきをよくしてくれるメラトニンの働きのおかげですね。

 

スポンサーリンク

 

乳糖(ラクトース)

家に常備している人も多いはず!牛乳の効果

 

乳糖は乳酸菌のえさとなるので、腸内環境の改善に間接的効果があります。

 

乳糖が腸内に届き、乳糖をえさとして、乳酸菌を増やしてくれます。

 

また、身体にとって必要なカルシウムやマグネシウムなどの吸収を高めてくれる働きもあるんです。

 

 

ですが、牛乳を飲んでお腹を下しまうという方もいますよね。

 

それは乳糖が原因なんです。

 

乳糖を分解するラクターゼという消化酵素が少ない人ですと、お腹を下したりしています。

 

 

これは、消化酵素で消化されなかった乳糖が大腸で発酵し、その発酵物により引き起こされる症状です。

 

このような症状を乳糖不耐症といいます。

 

 

こういう方は、牛乳よりもヨーグルトを摂取することをおすすめします。

 

ヨーグルトが発酵する際に、乳酸菌が乳糖をえさとして消費するので、乳糖の量が減るからです。

 

 

ヨーグルトの効能

家に常備している人も多いはず!牛乳の効果

 

牛乳は元々栄養価が高く、それを乳酸発酵させてヨーグルトにすることにより、さらに栄養価や栄養の吸収率が高まります。

 

さらに、ヨーグルトは発酵の過程で、乳酸菌が乳糖を分解してしまうので、牛乳でお腹をくだしやすいという人にも食べやすくなっています。

 

なので、ヨーグルトの効能について紹介していきます。

 

腸内環境改善

家に常備している人も多いはず!牛乳の効果

 

乳酸菌は腸内細菌の状態をよい状態にしてくれます。

 

腸内細菌は栄養の吸収など、とても健康によい働きをしてくれます。

 

乳酸菌は死んでいたとしても、善玉菌のエサになるので、腸内の善玉菌を増やしてくれるんです。

 

 

 

その結果として、乳酸菌は腸内環境の改善に役立ってくれます。

 

免疫を高める

家に常備している人も多いはず!牛乳の効果

 

ヨーグルトには、免疫機能を高める作用があります。

 

 

明治のR-1ヨーグルトはとても人気があって売れていますよね。

 

体を強くする乳酸菌R-1というCMがよくやってますよね。

 

 

 

私もインフルエンザや風邪の予防になるなら、安いものだと思って毎日食べていました。

 

値段がヨーグルトにしてはなかなか高いので、バクバクは食べれていませんでした。

 

味はおいしんですけどね。

 

 

そんなときに、乳酸菌のタネを入れてヨーグルトメーカーで増やせることを知りました。

 

ヨーグルトメーカー

 

高いヨーグルトをヨーグルトメーカーで増やすとお得感がありますよね。

 

しかも、たいした手間がかからないのも嬉しいです。

 

 

もちろん、売っているものに比べれば、劣りますが、充分おいしいです。

 

成分的にはどうなのかはわかりませんが、気軽に量が食べれるのが嬉しいです。

 

ヨーグルトの消費量が多いと、家計の負担が大きくなるので、一度試してみることをおすすめします。

 


最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 ダイエットブログへ


このエントリーをはてなブックマークに追加   
スポンサーリンク

関連ページ

定番中の定番!緑茶の効果!
最初に摂ることに血糖値の上昇を緩やかにしてくれる食品や飲料について紹介します。今回は緑茶について紹介します。
知っているようで知らない!烏龍茶の効果
最初に摂ることに血糖値の上昇を緩やかにしてくれる食品や飲料について紹介します。知っているようで知らない烏龍茶のことについて紹介します。
夏の定番!麦茶の効果
最初に摂ることに血糖値の上昇を緩やかにしてくれる食品や飲料について紹介します。麦茶の効果について紹介します